著者
友利 幸之介
出版者
公益社団法人 北海道作業療法士会
雑誌
作業療法の実践と科学 (ISSN:24345806)
巻号頁・発行日
vol.1, no.4, pp.57-67, 2019 (Released:2019-11-29)
参考文献数
24

作業療法のエビデンス構築は, 他領域と比べて明らかに遅れている. これは研究者の責任に依るところが大きいと猛省しているが, 臨床研究には臨床家の参画が欠かせない. 臨床家一人ひとりが, 研究を他人事とせず取り組むことが求められている. そこで本稿では, 作業療法研究のロードマップと題して, 1) まず研究論文を日々の臨床で活用することから始め, 2) 良質な事例報告とは何かを定義し, 3) 事例報告で生成された仮説を疫学研究へ発展させるための方法と, 4) 最後にエビデンスを構築するための仮説検証方法について論ずる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 31 posts, 66 favorites)

今度の勉強会では、以下の論文を紹介しようと思います。非常に分かりやすく書かれているので勉強になるし、個人的に何度も読み返している論文の一つです https://t.co/jKk8gGDXFQ
友利幸之介,作業療法研究のロードマップ,作業療法の実践と科学,2019 年 1 巻 4 号 p. 57-67. https://t.co/eTXotFd2TR
J-STAGE Articles - 作業療法研究のロードマップ https://t.co/vgmmU9MNOz OT士会の学術誌はオンラインでフリーで閲覧可能です。なんと、友利先生の原稿が挙がっておりましたので、共有させて頂きます!

収集済み URL リスト