著者
中島 定彦 遠座 奈々子
出版者
日本基礎心理学会
雑誌
基礎心理学研究 (ISSN:02877651)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.163-177, 2017-03-31 (Released:2017-06-07)
参考文献数
193
被引用文献数
1

This article reviews recent literature on basic animal research and theories of reemergence phenomena of formerly established and then extinguished Pavlovian conditioned responses. Four types of response reemergence phenomena are discussed; renewal of responses by changing contexts, spontaneous recovery of responses after the passage of time, reinstatement of responses after re-exposure to the biologically significant stimulus (i.e., unconditioned stimulus, US), and reacquisition of responses by re-pairing of the cue (i.e., conditioned stimulus, CS) and the US. Preventive measures against these reemergence phenomena and their clinical implications for relapse of anxiety symptoms (i.e., return of fear) are also discussed to bridge basic and applied disciplines of psychology.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (35 users, 48 posts, 79 favorites)

中島定彦, & 遠座奈々子. (2017). 不安症状の再発―パヴロフ型条件づけの基礎研究と理論から―. 基礎心理学研究, 35(2), 163–177. https://t.co/2xv63ejvPL
不安症状の再発を予防するための認知行動療法の工夫10通り 8. 治療後の自宅での復習 9. 再発しそうになったら治療セッションを思い出すよう指導しておくこと 10. 認知再構成法を併用すること Aust N Z J Psychia… https://t.co/UEUQ2U6AyO
不安症状の再発を予防するための認知行動療法の工夫10通り 5. さまざまな恐怖喚起条件刺激の呈示 6. さまざまな文脈での消去 7. 負担にならない程度の不安条件反応が喚起される旨を患者に事前告知 Aust N Z J Psych… https://t.co/uGgK9Z3Lx2
不安症状の再発を予防するための認知行動療法の工夫10通り 1. 治療セッション時間の延長 2. 治療セッション数増加 3. 短いセッション間隔 4. 条件刺激への注意集中 Aust N Z J Psychiatry. 2009 F… https://t.co/1W6kHrGd6M
中島定彦・遠座奈々子(2017). 不安症状の再発―パヴロフ型条件づけの基礎研究と理論から― 基礎心理学研究 35, 163-177. https://t.co/tmBEJKezYH

収集済み URL リスト