著者
Mayumi OKA
出版者
Psychologia Society
雑誌
PSYCHOLOGIA (ISSN:00332852)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.65-81, 2014 (Released:2014-09-06)
参考文献数
33
被引用文献数
4 2

The current article examines the potential role of topography in suicide. First, I analyzed suicide data from 3,318 municipalities in Japan during the 30-year period of 1973–2002. I found that suicide rate was higher in municipalities with steeper slopes than less steep slopes. Moreover, the association between steep slopes and suicide rate remained significant, controlling for other well-known ecological factors such as population density, daylight hours, and snow. Second, I found that elevation per se was less important in predicting suicide rate than the presence of sharp slopes. That is, even if two municipalities are located in the same elevation (e.g., 600 meters above the water level), a municipality with more steep slopes tends to have a higher suicide rate than a municipality with more flat areas. In a flat community, there are more shops, clinics, and other gathering places easily accessible to its residents than in a sloped community. More generally, I posit that harsh natural environments demand more patience and self-control, which in turn makes residents in harsh environments less likely to seek help from others, which could result in a higher rate of suicide.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 7 posts, 0 favorites)

"自殺発生率の高い地域を対象とした先行研究では、地形的特徴が地域住民の気質を介して自殺率に影響を与える可能性が報告されている(田村ら、1975年)。その結果、自然環境の厳しさが住民の生活を阻害し、孤独感や抑うつ感を誘発する可能性があることが報告されている。" https://t.co/i15mnl2vr7
"「サロン」では、人々は新鮮な情報を持ち寄り、古い情報を新しい情報と入れ替えていくことで、従来の生活観が薄れ、助けを求める(希求行動)などの新しい考え方を促す可能性があります。" https://t.co/i15mnl2vr7
"自殺発生率の高い地域を対象とした先行研究では、地形的特徴が地域住民の気質を介して自殺率に影響を与える可能性が報告されている(田村ら、1975年)。その結果、自然環境の厳しさが住民の生活を阻害し、孤独感や抑うつ感を誘発する可能性があることが報告されている。" https://t.co/i15mnl2vr7
"自殺発生率の高い地域を対象とした先行研究では、地形的特徴が地域住民の気質を介して自殺率に影響を与える可能性が報告されている(田村ら、1975年)。その結果、自然環境の厳しさが住民の生活を阻害し、孤独感や抑うつ感を誘発する可能性があることが報告されている。" https://t.co/i15mnl2vr7
"「サロン」では、人々は新鮮な情報を持ち寄り、古い情報を新しい情報と入れ替えていくことで、従来の生活観が薄れ、助けを求める(希求行動)などの新しい考え方を促す可能性があります。" https://t.co/tkPJOIKRi4
"自殺発生率の高い地域を対象とした先行研究では、地形的特徴が地域住民の気質を介して自殺率に影響を与える可能性が報告されている(田村ら、1975年)。その結果、自然環境の厳しさが住民の生活を阻害し、孤独感や抑うつ感を誘発する可能性があることが報告されている。" https://t.co/tkPJOIKRi4

収集済み URL リスト