著者
村田 健児
出版者
公益社団法人 埼玉県理学療法士会
雑誌
理学療法 - 臨床・研究・教育 (ISSN:1880893X)
巻号頁・発行日
vol.28, no.1, pp.89-92, 2021 (Released:2021-04-09)
参考文献数
4

症例報告は,古くから存在する医学分野の報告形式であり,理学療法分野においても医学研究の一環としての日頃の臨床現場から得られた新しい知見を普及させるための手段の一つである。報告内容の目的は,症例の経過から得られる客観的データから臨床的問題を定義し,今まで分かっていなかった情報を論理的に提示し,後世の治療に役立てることである。1件の症例報告でも蓄積された患者情報は将来強いエビデンスとなるかもしれない。本稿は理学療法における症例報告の役割と投稿方法や査読のポイントについて紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 12 favorites)

✅理学療法における症例報告の意義と査読におけるポイント 症例報告を書く際の参考にさせて頂きます。 https://t.co/qHEPuMgMD5

収集済み URL リスト