著者
島倉 大輔 田中 健次
出版者
一般社団法人 日本品質管理学会
雑誌
品質 (ISSN:03868230)
巻号頁・発行日
vol.33, no.3, pp.104-112, 2003-07-15 (Released:2018-06-15)
参考文献数
7

医療業界では,組織事故と考えられる医療事故が多く発生している。組織事故を防止するために,医療現場では医師や看護士など人間による防護の多重化が行われている。しかし,事故原因を取り除くために実施された防護が,新たな事故を誘発したり,防護作業を行う作業者が多重化に安心して抜きを行う恐れがあり,多重化はかえって事故を招く危険性がある。本研究では,医療現場など人間による防護の多重化の有効性に着目する。人間による防護の多重化は,複数の人間が同質の防護作業を行う同種防護の多重化と,複数の人間が異なる作業を行う異種防護の多重化に分類される。本研究では,同種防護と異種防護の多重化に相当する模擬実験により,人間による防護の多重化の有効性の検証を試みた。結果として、同種防護を多重化する場合,防護の二層への絞込みがもっとも事故防止に有効であること,通常事故防止に有効であると考えられている三層以上の多重化は逆効果であり,むしろミスの発生率が下がる可能性があることが明らかとなった。一方,異種防護を多重化する場合は,防護を多重化するほど,事故防止に有効であることも明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (18 users, 18 posts, 2 favorites)

J-STAGE Articles - 人間による防護の多重化の有効性 https://t.co/k4Y01seBJM >防護の二層への絞込みがもっとも事故防止に有効であること,通常事故防止に有効であると考えられている三層以上の多重化は逆効果であり,むしろミスの発生率が下がる可能性があることが明らかとなった。
元論文はこれか https://t.co/h7W0qogMGh 読めない https://t.co/VnNhZsW3fP
@h_okumura 先のグラフはこの論文からの引用のようです。抄録によると,医療現場での異種防護と同種防護の多重化に相当する模擬実験を行い,後者の場合にこの図の結果になった,ということのようです。これ以上詳しい条件はわかりませんでした。医療現場の人だとこれだけでわかるのかな。 https://t.co/x3yedIyVgG
島倉大輔 and 田中健次 (2003) ‘人間による防護の多重化の有効性’, 品質, 33(3), pp. 104–112. https://t.co/MQCRd4ZXY3 トリプル以上のチェック多重化の弊害
人間による防護の多重化の有効性 https://t.co/40YtK0cGDz それは元資料であって元論文じゃないでしょうがとなったので、こちらは正しく図の出典に示された論文(論文の題が微妙に異なるのですがどういうこと……?
人間による防護の多重化の有効性 島倉 大輔, 田中 健次 2003 年 33 巻 3 号 p. 104-112 https://t.co/IuuKeJOv92
https://t.co/ibq1SCq04C 1本の論文だけが際限なく引用されてるみたいな感じだが……大丈夫なんだろうかね。 https://t.co/RQOg8qEwGF
チェッカーを三人以上にすると逆にミス検知率が下がるって研究結果が有るので、トリプルチェックはやめておけ、とだけ言っておく。 https://t.co/Zql5jYs3Ou https://t.co/dD4jrhnLCz

収集済み URL リスト