著者
井上 智博 市川 有二郎 内藤 季和 高橋 良彦
出版者
公益社団法人 日本アイソトープ協会
雑誌
RADIOISOTOPES (ISSN:00338303)
巻号頁・発行日
vol.63, no.10, pp.481-488, 2014-10-15 (Released:2014-10-29)
参考文献数
9

本調査は,千葉県立柏の葉公園内の野球場の芝地において,線量率と芝・土壌中放射性セシウム濃度の経時変化について解析した。採取した芝と土壌を別々に分離して放射性セシウム濃度を定量した結果,全ての調査期間においてサッチ層(芝の根部周辺に位置する芝の刈りかすや枯れた芝の堆積物)に,その下に位置する土壌よりも放射性セシウムがより多く蓄積していることが確認された。芝の深刈りを地表面から20mm深さで均一に行い,サッチ層を取り除いたことで除染効果が得られた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 18 posts, 15 favorites)

千葉県立柏の葉公園内の野球場の芝地の線量率と芝・土壌中放射性セシウム. 濃度の経時変化 除染前と除染後 https://t.co/WEKMTWDNJk
柏の葉公園内の野球場の芝地の除染前後の測定と考察。/(RADIOISOTOPES誌) 井上智博(千葉県環境研究センター)ら「芝地における放射性セシウムの蓄積状況と経時変化」 https://t.co/aHLXCQ49ML ※pdf https://t.co/6hLnnpHjzG

収集済み URL リスト