著者
礒村 公郎 杉山 英男
出版者
公益社団法人 日本アイソトープ協会
雑誌
RADIOISOTOPES (ISSN:00338303)
巻号頁・発行日
vol.48, no.10, pp.626-634, 1999-10-15 (Released:2011-03-10)
参考文献数
19
被引用文献数
2 1 2

兵庫県下の河川水および水道水のウラン濃度を調べた。県内大部分の地域で河川水のウラン濃度は検出限界0.02μg/kg以下であったが, 六甲山周辺および淡路島北部でウラン濃度の高い河川水が認められ, さらにウラン濃度とフッ素濃度には有意な相関が認められた。ウラン濃度の高い河川の分布する地域は六甲花崗岩および領家花崗岩の分布する地域と一致した。河川水のウラン濃度の高い原因は六甲花崗岩および領家花崗岩の地下水によると推定された。水道水の摂取に伴うウランによる年実効線量当量は, 過去には最高で1.5μSv/年 (1996年神戸市兵庫区) と推定されたが, その後ウラン濃度は減少し, 1997年12月以降は厚生省の指針値 (0.002mg/L) の半分以下で, 年実効線量当量は0.3μSv/年以下で推移している。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (149 users, 265 posts, 160 favorites)

@tanaka_takashi1 5μg/gと言うことなので https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩ですね 建材や埋立地にも使われてるくらい
@fCYtoZtyOh5jWgC 5μg/gと言うことなので https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩ですね 建材や埋立地にも使われてるくらい
@bino3193 5μg/gと言うことなので https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩ですね 建材や埋立地にも使われてるくらい なお半分くらいのウランならその辺のコンクリートにも含まれてます
@yoshi_yoshi4414 5μg/gと言うことなので https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩ですね 建材や埋立地にも使われてるくらい なお半分くらいのウランならその辺のコンクリートにも含まれてますね
@Hunter364457105 @hayakawa2600 @claw2003 5μg/gと言うことなので https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩ですね この濃度の被爆リスクが問題になるなら、六甲山系の地盤に住みの美味しい水飲んでる神戸市民は死に絶えてます
https://t.co/L77QRTdYDk どうみても花崗岩ですね この程度で公表義務付けしたら国内全ての土木・建設・解体工事が止まりますけど… https://t.co/DnDtZ6ChDM
@kittenish823 https://t.co/L77QRTdYDk どうみても花崗岩ですね この濃度の被爆リスクが問題になるなら、六甲山系の地盤に住みの美味しい水飲んでる神戸市民は死に絶えてます
@nakagawa_yuko https://t.co/L77QRTdYDk どうみても花崗岩ですね
@yurikalin https://t.co/L77QRTdYDk どうみても花崗岩ですね
@kiyosi510 @cowcowsuzuki https://t.co/L77QRTdYDk どうみても花崗岩ですね
@tsukiakari_stg https://t.co/L77QRTdYDk 今回のウラン含有量は花崗岩で六甲山系並ですかねー
@n39950413 https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩相当なのでその辺の地盤はもちろん埋立にも使われまくってますね
@ant_onion @kashidahideki https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩相当ですね
@motialtjin @kashidahideki https://t.co/L77QRTdYDk 花崗岩中のウランなのでどうもせんのでは
@kashidahideki https://t.co/L77QRTdYDk 土岐花崗岩のウラン含有量より少ない というかほぼ六甲山系並…
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWejNJqO 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/fPDzbS36xg
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/7hueLwLQmm
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/67V28aWQ0K
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/NzXa98Sssu
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/x9FqTCDXep
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/jJHNbd7wZR
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/IRpKviFrCj
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/sKILIi2KPX
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/PnWALU4iXP
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/919Wulljhk
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/T9VyhWKKuV
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/CJbrEIJyAO
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫区水道ウラン濃度、測定開始96年3月は高く97年11月にかけて低下。花崗岩帯のトンネル湧水の混合比率が下がって淀川水系が増えたか?てな考察。個人的に阪神淡路大地震による花崗岩へのダメージが気になる。花崗岩地域で地震が起きたら、… https://t.co/dh8xPVhqkR
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/TqpznP3KSb
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/WDyH5nS3AT
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/phcSK8SE7E
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 by 兵庫県立衛生研究所、国立衛生院 https://t.co/FjxWek5kPo 神戸・阪神、淡路島北部の水道水中のウラン濃度が高めだった。特に兵庫区、中央区。そして… https://t.co/jQ6Qk824hJ
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められ https://t.co/dBQLBHOFFV また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
なぜ WHOは近年になり飲料水中のウラン濃度を勧告したのか。 厚労省はそれを受けて監視項目としてウランを追加したのか。 ここに書かれている意味はなんだろうか? 兵庫県の河川水。 https://t.co/bilkUGqqjH >ウラン濃度とフッ素濃度には有意な相関が認められた。
https://t.co/BiqkVl2JCh
@pmxpvrtmx ひょっとしてこれ読んでます? https://t.co/PUgBJDq6ky フッ化物とウランの関係。
神戸市兵庫区の水道水のウラン濃度で不思議なのが、ウラン濃度の急激な低下。測定を開始した96年に3.5μg/Lほどだったのが、2年後には0.5μg/Lレベルにまで低下。なんだか不気味だ。95年の震災が影響しているのかな?https://t.co/E2bD1TJ9tr
表流水中のウランとフッ素濃度の間には有意水準95%で相関が認められた https://t.co/E2bD1TJ9tr また表流水より地下水の方がフッ素濃度が高い。その要因として地下水と岩石の反応が示唆される。一方で、塩素、硝酸。硫酸の各イオンとウラン濃度には相関が認められなかった
@okouchan44 神戸市、特に兵庫区と中央区の水道水のウラン濃度が高い、というレポート です。https://t.co/E2bD1TJ9tr
https://t.co/mwcfejma7l 兵庫 県内花 崗岩地 域を主 とす る河川水および飲料 水中 ウラン濃度

収集済み URL リスト