著者
森 千鶴夫 井上 一正 宮原 諄二 千輪 潔
出版者
公益社団法人 日本アイソトープ協会
雑誌
RADIOISOTOPES (ISSN:00338303)
巻号頁・発行日
vol.54, no.10, pp.437-448, 2005-10-15 (Released:2011-03-01)
参考文献数
14

明星大学・図書館に所蔵されているキュリー夫人の実験ノートの表紙, 裏表紙, 等に付着している放射性物質の分布状態をイメージングプレートで測定した。また, α線の強度とエネルギースペクトルをシリコン検出器で, γ線スペクトルを高純度ゲルマニウム検出器で測定した。表紙, 裏表紙ともに, 手が触れる部分の放射能強度が強く, ノートの小口 (端) の部分にも付着していた。また, 多くの点状の汚染があり, 夫人の周辺には粉末状の汚染があったことが推察される。α線強度の測定によれば, 最も強く付着している部分においては, 我が国のα核種の表面密度限度 (4Bq/cm2) 以下ではあるが, それに近い値であった。α線及びγ線のエネルギースペクトルの測定では, 核種はウラン系列の226Raとその娘核種の壊変に伴うものであった。15年にわたる記入期間の各月ごとの記入ページ数を, 当時の状況を知る手がかりを得る目的で調べたが, このページ数には大きな変動があった。これらについて, 日本人研究者に関する事柄も記されている夫人の伝記を参考にして若干のコメントをした。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 15 posts, 0 favorites)

@0120_18_4141 https://t.co/nOr4VbLLBZ (´・v・)こちらに日本に所蔵されてる同夫人のノートが持つ放射能と放射線量を研究した、興味深い論文が掲載されています。詳しくはそちらをご覧下さい。所で、… https://t.co/2aWVoWG5a2
https://t.co/ga4PbV7yJI
明星大学資料図書館に所蔵されているキュリー夫人の実験室ノート http://t.co/wJJAPUCkRC 参考:キュ リー夫人の実験 ノー トの放射能 https://t.co/lw8eZHDnrk https://t.co/uPf9IUDLSS
@openculture @owenblacker has anyone bothered to test them recently? The one in Japan isn't terribly radioacitve https://t.co/ZNbNoVEdWv
久方ぶりに、キュリー夫人のノートの話を思い出した。https://t.co/nWlcam9qps
Japanese scientists tested a notebook that belonged to Marie Curie , only tiny traces of radioactivity were detected https://t.co/a2pVUilwIb
TIL Japanese scientists tested a notebook that belonged to Marie Curie she used for 15 years, only tiny trace... http://t.co/LjCeTab2Gc
TIL Japanese scientists tested a notebook that belonged to Marie Curie she used for 15 years, only t - http://t.co/QTzsfqfA4M
http://t.co/9GGMqgL7cd TIL Japanese scientists tested a notebook that belonged to Marie Curie she used for 15 years, only tiny traces o...

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト