著者
朴 勝俊 長谷川 羽衣子 松尾 匡
出版者
環境経済・政策学会
雑誌
環境経済・政策研究 (ISSN:18823742)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.27-41, 2020-03-28 (Released:2020-05-15)
参考文献数
59

格差や貧困の拡大と,気候危機を背景として,2018年以降,欧米では反緊縮グリーン・ニューディール(GND)が相次いで提案されている.GNDは,環境政策と経済政策を統合させた急進的な政策案である.気候変動防止のために従来提案されていたよりも,早急に炭素排出ゼロ社会への移行を実現するために,巨額の投資の実施を求めるとともに,雇用の「公正な移行」の実現と,富や人種,ジェンダー,世代などに関わる不正義の解消にも注意を払っている.また反緊縮の経済理論に基づき,資金は主に増税によってではなく,年金基金等の巨額の民間資金の誘導と,(通貨発行権を有する国々の場合は)赤字支出でまかなうことを求めている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (151 users, 247 posts, 255 favorites)

@junyaog なんとなく曖昧なスタンスですね。 米国では左派のみならず中道のバイデン大統領さえも反緊縮グリーンニューディール政策に踏み出しています。 我が国では一歩も二歩も遅れをとってしまっています。 反緊縮グリーンニューディールとは何か? https://t.co/WxpTofuOln
@kharaguchi 脱原発は電力労働者にしわ寄せがいくようだとうまくいきませんね。 御存知かも知れませんが・・・「反緊縮グリーンニューディールのまとめ」があります。バイデン大統領は取り組みを始めているのではないでしょうか? https://t.co/WxpTofuOln
⑥緊縮政策とは インフレーションや財政破綻を懸念して,緩和的金融政策や拡張的財政政策の利用を忌避し,社会保障支出をはじめとする政府支出を削減し,大衆課税の強化を行うような政策スタンス。 「反緊縮グリーンニューディールとは何か」より抜粋 https://t.co/PcA5Q9DjKS
@uisvQPTNwnaY2vU 緊縮政策の定義 インフレーションや財政破綻を懸念して,緩和的金融政策や拡張的財政政策の利用を忌避し,社会保障支出をはじめとする政府支出を削減し,大衆課税の強化を行うような 政策スタンスと定義する. 「反緊縮グリーン・ニューディールとは何か?」より https://t.co/WxpTofuOln
@kharaguchi 脱原発は必要なことですが、当該地域や電力労働者が不利益や不公平な状況に追い込まれないような財政措置をとらないと口先だけになってしまいます。 米国サンダースはグリーンニューディールに1700兆円超の財政支出を提案しています(下著書183頁) また、こんな報告も↓ https://t.co/WxpTofuOln https://t.co/SfhfhC6gXG
@junyaog 反緊縮政策と環境問題、雇用問題とのアプローチは米国サンダース等と同じグリーンニューディールですね。 小川さんが若い議員のリーダーとして引っ張れば立憲も変わります。今のような与野党緊縮政策では失われた40年、50年になります・・ 反緊縮グリーンニューディールとは https://t.co/WxpTofuOln
MMTは実際に行われていることを説明しているに過ぎないのに、それを批判するというのは自らが空論を信じていることを告白しているようなものですね。 それでいて彼らの多くはサンダースを支持しているのですから支離滅裂です。 サンダース等の反緊縮グリーンニューディール https://t.co/JTEUmFeaT8 https://t.co/IkM9zP6MUW
反緊縮グリーン・ニューディールとは何か (https://t.co/dM1mnAmTBM) #NewsPicks https://t.co/eJOSMZVSHH
J-STAGE Articles - 反緊縮グリーン・ニューディールとは何か https://t.co/HUhW7TNGcq
注目はオバマのGNDを含む政策の失敗を「財政刺激策を早く縮小しすぎた」としているところ。私たちも、オバマに代表される第一波GNDの失敗は財政出動が充分出来なかったことであると考えており、同じ認識であることが確認できて良かった。 詳細は論文「反緊縮GNDとは何か」参照https://t.co/DiELfZzy6v
この論文を読むと、日本だけが特別に緊縮財政に攻撃されているわけではない、ということを知って、なぜか少しホッとする。世界中、同じパターンで、新自由主義者たちが国富を奪おうとしているのだ。 https://t.co/kJ45UxQKUf
この構造変革プログラムとして提唱しているのが「反緊縮グリーン・ニューディール」です。 気候変動と格差・貧困と言う2つの危機を乗り越えるための、ポストコロナの指針です。その核心は旧弊な経済の構造と、硬直化した発想の転換にあります。 論文「反緊縮GNDとは何か」 https://t.co/hzVI9aZM5U https://t.co/537TOrQvWi
薔薇マークキャンペーン呼びかけ人・朴勝俊教授、代表・松尾匡らによるGND論文がインターネットで公開されました。 「反緊縮グリーン・ニューディールとは何か」(朴、長谷川、松尾) 以下サイトの赤いPDFダウンロードボタンをクリックすると読めます。無料。 https://t.co/0mm2H7Ks1Z
論文「反緊縮グリーンニューディールとは何か」(朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡)が、DL可能となりました。 #GND は財政破綻論の呪縛を脱し、大規模な反緊縮的経済政策によって、野心的な気候変動対策と、あらゆる不公正の是正と社会・経済構造の変革を目指す戦略です。 https://t.co/hzVI9aZM5U
朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡「反緊縮グリーンニューディールとは何か」『環境経済・政策研究』が、J-Stageからダウンロード可能となりました。皆さんご利用くださいませ。 https://t.co/RMzRh3Gzcf

収集済み URL リスト