著者
澤島 佑規 矢部 広樹 野村 宜靖 足立 浩孝 村田 真也 田中 善大
出版者
一般社団法人日本理学療法学会連合
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.45, no.4, pp.218-226, 2018 (Released:2018-08-20)
参考文献数
37
被引用文献数
3

【目的】急性期の脳領域の損傷度から回復期リハビリテーション病棟(回復期病棟)退院時の歩行自立度が予測可能か検討することを目的とした。【方法】対象は被殻出血患者115 例とし,退院時のFIM の歩行点数から自立群および非自立群,介助群,不可群に分類した。急性期のCT にて,側脳室レベルの6 領域,松果体レベルの14 領域の計20 領域の全体面積と出血面積を測定し,損傷度(出血面積/ 全体面積× 100)を%値にて算出した。20 領域の損傷度に加えて出血量,脳室穿破の有無を測定し,ロジスティック回帰分析およびROC 解析にて歩行の自立/非自立,介助/不可を判別するカットオフ値を算出した。【結果】歩行自立/非自立は内包後脚中部の損傷度(60.4%)と出血量(27.4 ml),歩行介助/不可は内包後脚前部の損傷度(16.8%)が有意に抽出された。【結論】内包後脚前部と中部の損傷度,出血量から歩行自立度の予測が可能であると示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (39 users, 40 posts, 265 favorites)

STの領域においてこういった臨床にダイレクトに応用し得る研究に携わりたいという思いはある https://t.co/vtTMXC7ABp
残し 被殻出血患者における各脳領域の損傷度による歩行自立度の予後予測 https://t.co/jBy2XkbiT7
内包後脚は皮質脊髄路が通ってて運動麻痺の予後に関わってるから大事。 学生の頃からよく教わったことやけど、この研究はすごい!こうして数値になると鳥肌が立つな…。 脳画像もっと丁寧にみよう。 https://t.co/zsdSgfrOqJ
@yu_daidai_0126 脳室穿破した部分が直接運動機能に関わる領域なのか、意識レベルに関わる部分なのか、姿勢制御に関わる部分なのかでも変わりそうですね! ご覧になったかもしれませんが… https://t.co/URg32HHEJF
おもしろい! 被殻出血患者における各脳領域の損傷度による歩行自立度の予後予測 https://t.co/pQkLYP9IIs

収集済み URL リスト