著者
髙橋 真 岩本 浩二 門間 正彦 水上 昌文
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.47, no.2, pp.138-145, 2020 (Released:2020-04-20)
参考文献数
19

【目的】大学野球選手における投球側肩関節の外旋角度の増大に伴う上腕骨頭-肩甲骨関節窩後縁の骨間距離(以下,PGHD)を明らかにすることである。【方法】対象は大学野球選手11 名の投球側肩関節11肢とした。MRI 撮像時の肩関節肢位は肩90°外転位から90°,100°,110°外旋位の3 肢位とし,各肢位のPGHD を計測した。【結果】PGHD は肩関節90°外旋位よりも110°で有意に低値だった。【結論】肩関節外旋角度が増大すると,上腕骨頭と肩甲骨関節窩後縁が接近した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

肩関節外転90°における過外旋は、上腕骨頭後面と関節窩後縁を接近させる 肩関節外転90°における ・外旋角度増大 ・内旋角度減少 ・水平内転減少 これらの所見は特に注意が必要⚠️ https://t.co/QgvGFPbl0f

収集済み URL リスト