著者
齋藤 義雄 西田 裕介 河野 健一 竹内 真太
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
pp.11405, (Released:2018-09-08)
参考文献数
27

【目的】目的は管理職の臨床指導場面における怒りの一次感情を明らかにすること,性格特性と怒り喚起の関係を明らかにすることである。【方法】自記式アンケートにて,基本項目,性格特性,怒り感情を調査した。対象は30 ~54 歳(平均40.4 歳)の管理職の男性理学療法士22 名とした。怒りの一次感情は12 個の選択語から抽出した。各調査項目間の相関にはSpearman の順位相関分析を用いた。【結果】怒りの生じる指導場面は,後輩指導が21 件で最多。怒りの一次感情は,「困った」「心配」が高頻度出現。性格特性と各調査項目の相関は,外向性と敵意(r = –0.46),協調性と怒り喚起(r = 0.52),自尊感情と怒り喚起(r = –0.49)などに有意な相関が認められた。【結論】管理職の指導場面における怒りの一次感情は,「困った」等が多かった。また,協調性があり,勤勉でなく,自尊感情が低い指導者に怒り喚起しやすいことが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 4 favorites)

管理職じゃなくても臨床指導に関わる人は参考になりますね。 管理職の臨床指導時に生じる怒りの一次感情と性格特性の調査 https://t.co/uJBHR1O5n5
臨床教育に関する論文が理学療法学に掲載されました。 臨床指導時に生じる怒りの一次感情について分析した報告です。 https://t.co/zHun18MuBN
宜しかったらどうぞ。 関係者の方々には、雑誌・理学療法学の12月号に掲載されます。 https://t.co/13LCRZlPOg https://t.co/13LCRZlPOg

収集済み URL リスト