著者
芳野 純 佐々木 祐介 臼田 滋
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.23, no.4, pp.495-499, 2008 (Released:2008-10-09)
参考文献数
7
被引用文献数
4 2

[目的]回復期リハビリテーション病棟退院後患者のADLの変化の特徴と影響を与える関連因子を解明する。[対象]回復期リハビリテーション病棟より自宅退院した患者117名。[方法]退院後のADLに影響を与えると思われる因子,退院時および退院1ヵ月後のFIM運動項目を調査し,統計学的に分析した。[結果]退院時と比較すると退院1ヵ月後のFIM運動項目は有意に低下していた。各項目では,セルフケアが有意に低下しており,排泄コントロールは有意に向上していた。退院時のFIM運動項目が50~69点(半介助群)の患者および通所系サービス利用者が有意に低下していた。[結語]回復期リハビリテーション病棟退院患者は,退院1ヵ月後においてADLが低下する恐れがあり,低下を予防する必要性がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 10 favorites)

回復期退院時と、1ヶ月後の日常生活の変化を調査すると、1ヶ月後の日常生活の点数が悪化しているという研究です。 特に、通所サービスを利用している方々の日常生活が低下しており、サービス使えば生活は維持できる、という安易な流れではいけないですね。 #脳卒中 #リハ https://t.co/D0rjtK83Zb

収集済み URL リスト