著者
粕山 達也 坂本 雅昭 中澤 理恵 川越 誠 加藤 和夫
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.23, no.6, pp.741-745, 2008 (Released:2009-01-28)
参考文献数
25
被引用文献数
1

[目的」本研究は足関節背屈可動性評価として使用されている4種類の測定方法について,その標準値の検討と測定方法間の相関分析を行った。[対象]対象は健常若年男性42名84脚とした。[方法]足関節背屈角度(膝伸展位・膝屈曲位),下腿傾斜角度,母指壁距離の4種類の足関節背屈可動性評価を行った。[結果]全ての測定方法で正規性が認められ,健常若年男性の足関節背屈可動性における基礎資料としての有用性が示された。また,4種類の足関節背屈可動性の測定方法について,いずれの組み合わせにおいても有意な相関が認められた(r=0.65-0.86,p<0.01)。[結語]臨床現場に応じて測定方法の選択が可能であると考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 11 favorites)

https://t.co/bASY556QZx この文献のやつかな?実習で使ったやつならできそう
@8CPeNFC4iTgI20e 詳しくは調べたことないのでなんとも言えません。 https://t.co/0tSkqlKXol こちらが参考になるかと思われます。 ジャンプ的にはより深くしゃがめるので重心移動距離が大きく… https://t.co/J72K9i3Ldv
文献を教えていただき、読んでみたら使えそうだったのでRTします! 「足関節背屈可動性評価方法の比較と標準値」

収集済み URL リスト