著者
中西 智也 橘 香織 冨田 和秀 塩川 まなみ 水上 昌文 居村 茂幸
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.203-206, 2015 (Released:2015-06-24)
参考文献数
14

〔目的〕腹横筋収縮能力向上のための練習方法として腹圧呼吸練習を考案し,その有効性を検討する.〔対象〕平均年齢20.7 ± 0.8歳の健常成人23名である.〔方法〕被験者を無作為に腹圧呼吸併用群,腹圧呼吸非併用群の2群に分類した.被験者ごとに,測定1,測定2,練習課題後の計3回腹横筋筋厚を測定し,経時的な筋厚の変化および課題間での差について分析した.〔結果〕腹圧呼吸併用群において練習課題実施後に有意な筋厚の増加が認められた.〔結語〕日常的に意識して活動させることが少ない腹横筋の収縮を学習するために,腹圧呼吸練習を用いることで,より強度な腹横筋の収縮が得られる可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 40 favorites)

ドローインは賛否両論ありますが、実際に効果ある人もいます。 そのドローインをより効果的にするには呼吸を上手く用いると良い感じになります。 腹横筋は姿勢制御の中で動作に先行して働く筋ですが、こういった運動でコンディショニングするのは… https://t.co/iDje7AvuCr

収集済み URL リスト