著者
室伏 祐介 岡上 裕介 中平 真矢 前田 貴之 永野 靖典 池内 昌彦 川上 照彦
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.31, no.4, pp.597-600, 2016 (Released:2016-08-31)
参考文献数
15

〔目的〕等張性外転運動における筋活動より,中殿筋に対し小殿筋を優位に鍛える方法を検討することとした.〔対象と方法〕対象は,健常成人14名とした.小殿筋と中殿筋にワイヤ電極を留置し,最大筋力20%,40%,60%の負荷量での等張性外転運動による,積分値,平均周波数を算出した.〔結果〕全ての段階の負荷量において小殿筋の方が中殿筋よりも筋活動が高かった.さらに,筋活動量の割合(小殿筋/中殿筋)は最大筋力20%の負荷量において高かった.また,平均周波数は負荷量ごとに違いは認められなかった.〔考察〕等張性外転運動で中殿筋に対し小殿筋を優位に鍛えるためには低負荷が良い.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 17 favorites)

『外転運動時小殿筋の筋活動』 外転 0° から20° までの運動を最大筋力の 20%40%60%の負荷で比較 ・中殿筋に対する小殿筋の割合は 20%で 147.6% 40%で 134.2% 60%で 144.0% 低負荷で小殿筋の活動量が最も多い. ➡︎小殿筋のexは低負荷で実施するのが効果的 https://t.co/NR6flOhCeN https://t.co/Nn7kQQkOfa
【参考・引用】https://t.co/dQDAwt88Z0
引用:https://t.co/IJwSI9x3QM
https://t.co/FAiE91dTFX https://t.co/x94dYRRAcW 室伏祐介,榎 勇人,川上照彦:変形性股関節症に対する 理学療法.高知県理学療法,2012, 19: 15-23.

収集済み URL リスト