著者
高田 雄一 矢崎 香苗 岩本 浩二 飯島 光博 又村 貴大 山本 可奈子 宮本 重範
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.31, no.6, pp.893-896, 2016 (Released:2016-12-22)
参考文献数
11

〔目的〕足部形状に変形のない健常足と内側縦アーチが低下した扁平足では地面へ接する部位は異なる.扁平足は足底感覚閾値にどのような影響を与えるのか検討することであった.〔対象と方法〕対象は健常群22名,および内側縦アーチが低下している扁平足群21名とした.モノフィラメント圧痛計を用いて9つの足底部位(母趾中央,示趾中央,中趾中央,環趾中央,小趾中央,母趾球,小趾球,内側縦アーチ中央,踵中央)において足底感覚閾値をそれぞれ測定した.測定した閾値を部位ごとに群間比較した.〔結果〕小趾球でのみ扁平足群で有意に閾値が低かった.〔結語〕扁平足群では健常群に比べ荷重量の少ないと考えられる小趾球の感覚閾値が低いことがわかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 3 posts, 0 favorites)

「足底面には荷重刺激が加わり,一般的に刺激をよく受ける部分は触圧覚の閾値が高くなり,刺激をあまり受けない部分は閾値が相対的に低くなる.」https://t.co/PqRV2LuIAk
〔結語〕扁平足群では健常群に比べ荷重量の少ないと考えられる小趾球の感覚閾値が低いことがわかった. J-STAGE Articles - 扁平足がモノフィラメント圧痛計による足底感覚閾値に与える影響 https://t.co/Jg3spZ4cyn

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: G-Sounds
2020-03-19 13:22:38 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト