著者
喜多 一馬 池田 耕二
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.32, no.1, pp.35-38, 2017 (Released:2017-02-28)
参考文献数
12

〔目的〕理学療法時の肯定的,否定的な声かけの言い回しが,患者の意欲の向上にどう影響するかを明らかにすること.〔対象と方法〕対象は,調査に協力を得られた入院患者37名(男性17名,女性20名,年齢69.9 ± 12.6歳)とした.紙面によるアンケートにて,トイレ,歩行,疼痛の3つの場面を想定し,各場面で肯定的および否定的な声かけの2つの言い回しを設定し,意欲の向上がみられるかを調査し比較した.〔結果〕3つの場面全てにおいて,肯定的な声かけの言い回しで患者の意欲の向上が認められ,否定的な声かけの言い回しでは意欲の向上は認められなかった.〔結語〕理学療法時の肯定的な声かけの言い回しは,患者の意欲を向上させることが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 9 favorites)

1 1 https://t.co/iT6vxRSeUt
リハ豆筆者の論文がオープンアクセスとなってました。そんなこと知ってるよ~って論文ですが、それをわざわざ述べるのが大切だと思っています。今は。発展させた論文は現在作成中です。PTだけではなく医療者には役立つと思います、お暇な時に。… https://t.co/LBIqADjLFN

収集済み URL リスト