著者
江崎 治夫 安田 克樹 武市 宜雄 平岡 敬生 伊藤 利夫 藤倉 敏夫 矢川 寛一 林 雄三 西田 俊博 石丸 寅之助
出版者
Japan Surgical Association
雑誌
日本臨床外科医学会雑誌 (ISSN:03869776)
巻号頁・発行日
vol.44, no.9, pp.1127-1137, 1983-09-25 (Released:2009-02-10)
参考文献数
9
被引用文献数
2 5

広島での原爆被爆者からの甲状腺癌の発生を知るため研究を行った.対象は統計処理を容易ならしめるよう,性別,被爆時年齢別,被爆線量別にあらかじめ定められた固定集団である放射線影響研究所の寿命調査拡大対象を用い, 1958年から1979年までの22年間に診断,或いは剖検により発見された甲状腺癌を調べ,被曝放射線量との関係を明らかにした. 75,493人の中から125人の臨床的甲状腺癌が発生した.男15人,女110人で,人口10万人対粗年間発生率は男2.7, 女12.4で男女共,線量の増加と共にリスクが増加する.若年女性に特に,この傾向が著るしい.期待数に対する観察数の比(O/E)をみると,男女別でも,男女合計でも,線量の増加と共に甲状腺癌が増加する.線型反応についての検定を行うと,女性及び男女合計では線量効果がみとめられた.又年齢が若い程線量効果が明らかである. 50rad以上被爆した群の対照群に対する相対性リスクは4.2で,男女差はないが男性は数が少い為,女性にのみ有意である.年齢別では20歳末満のリスクが7.9と高く,統計的に有意である.統計的に有意な回帰係数が求められた20歳末満の女性の年間1 rad当りのリスクの増加は100万人対約3.4である. 同期間に剖検された4,425人中155人に潜伏癌がみられた. 50rad以上の群の相対的リスクは1.9で有意に高く, O/E比は男1.6, 女1.8でほぼ等しいが,女子にのみ有意であった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 22 posts, 14 favorites)

この論文を見る限り、広島での甲状腺癌調査でもスクリーニング調査はやめてるんだけどな。 > 広島の原爆被爆者から発生した甲状腺癌-1958年~1979年 https://t.co/Svj4zxtNz2
https://t.co/3QX8hS9Q8t https://t.co/4ST7R6Dt3z
https://t.co/3QX8hS9Q8t https://t.co/pw2p2evwyi
https://t.co/Ld5BrktDM5 ほれ、広島でも被爆時5歳以上の人からも被曝由来甲状腺癌が多数出ているではないか。阪大の新説は滅茶苦茶だ。
ありがとうございます。1958年だと、13年後になりますね。知らないことばかりで… #NoNUKE QT @okanori75: これ、1958年から1979年までの広島原爆被爆者、甲状腺がんの無料論文…そのツイートの報告と近いかも…https://t.co/udmy7AfwM8
@sitesirius これ、1958年から1979年までの広島原爆被爆者、甲状腺がんの無料論文です。よかったら。そのツイートの報告と近いかも。被爆者の甲状腺がんの調査経緯とかがわかります。 https://t.co/YsrE4eohUd
論文(無料): 広島の原爆被爆者から発生した甲状腺癌 1958年~1979年 https://t.co/Y7AxNcNn  1983年、広島大・放影研・岩手医大。 被爆者の甲状腺がん調査立ち上がり期の経緯に関する記述も有り。
ぬぬ。これは良い論文ですね。 RT @okanori75: @み はじめまして。これのP10によると58年からの放影研の被爆者甲状腺癌調査は対象人数も少なくしばらく不完全だったような… https://t.co/k88YgInF
@miakiza20100906 はじめまして。これのP10によると58年からの放影研の被爆者甲状腺癌調査は対象人数も少なくしばらく不完全だったような。。。広大グループが放影研に共同拡大研究を申し入れたこの論文の80年代でようやく本腰? https://t.co/rSr5Vcnn

収集済み URL リスト