著者
内田 立身 河内 康憲
出版者
一般社団法人 日本血液学会
雑誌
臨床血液 (ISSN:04851439)
巻号頁・発行日
vol.55, no.4, pp.436-439, 2014 (Released:2014-05-20)
参考文献数
13

鉄欠乏性貧血の症状としての異食症のうち氷食症について検討した。日本鉄バイオサイエンス学会の診断基準で診断した鉄欠乏性貧血81例を対象とした。鉄欠乏性貧血全例に氷食行為の有無を問診した。同時に他の異食症,組織鉄欠乏の所見,血液学的データを検索し,鉄治療後のこれらの経過を観察した。氷食症は,氷食行為が強迫的異常行為として見られるもの,鉄剤の投与で氷食行為が消失するものと定義した。その結果,81例中13例(16.0%)に氷食症が見られた。氷食症はヘモグロビン値,血清フェリチン値とは関係がなく,鉄剤の投与により比較的早期に改善した。氷食症は他の異食症が極めて稀なのに比して,日本人の鉄欠乏性貧血の症状としてよく見られることが判明した。氷食症の本態は不明であるが,中枢神経系の生化学的研究の必要性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

@NEO_OKURA 学会でも発表されてます。 https://t.co/wxjuCPRKRg
鉄欠乏性貧血による氷食症 https://t.co/Mz18QJsOmm
J-STAGE Articles - 鉄欠乏性貧血における氷食症 https://t.co/boWY9jwktB 長女が氷をよく食べる話をしたらフォロワーさんが氷食症(ひょうしょくしょう)を教えてくださった。

収集済み URL リスト