著者
浜田 忠久 小川 千代子 小野田 美都江
出版者
記録管理学会
雑誌
レコード・マネジメント (ISSN:09154787)
巻号頁・発行日
vol.71, pp.3-23, 2016 (Released:2017-01-30)

我が国では2001年に情報公開法が、2011年に公文書管理法が施行され、「知る権利」を保証するために必要な法体系の整備が徐々に進みつつあった。しかし2014年に特定秘密保護法が施行され、「知る権利」の確保は大きく後退する状況となった。 本研究では、その歴史的、文化的な背景を探るために記録と公開、秘密保護の歴史を江戸時代から振り返り、諸外国、主にアジア諸国と社会的状況を比較することによって日本の現状を浮き彫りにすることを試みた。国際組織による民主化度、表現の自由に関する国際比較では、日本は2011年以降、報道の自由、中でも法的環境が悪化しており、またアジア諸国の市民意識の比較調査では、日本人は同調圧力が著しく強いことが示され、人権を制約する法改正が進んでもそれに対して強い抵抗を示さない可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 11 posts, 2 favorites)

https://t.co/j41zuSVFDX レコード・マネジメント No 71 pp. 3∼23(2016) 研究プロジェクト 社会的状況の国際比較による情報公開、公文書管理、 秘密保護に関わる考察 浜田 忠久1,小川千代子2,小野田美都江3
こちらでは、日本と諸外国(主にアジア諸国)とを比較しつつ、情報公開や公文書管理について大まかな事の経緯と論点を整理している。 浜田忠久・小川千代子・小野田美都江「社会的状況の国際比較による情報公開、公文書管理、秘密保護に関わる考察」2016年 https://t.co/vbNnQ6UgYI
Tadahisa HAMADA, Chiyoko OGAWA and Mitoe ONODA, Considerations in connection with information disclosure, public records management, and secret protection in international comparison of a social situation, Record management, 71, p. 3-23, 2016 (in Japanese) https://t.co/hTUsoQo1b1
・特定秘密保護法と公文書管理法の不整合。秘密指定された文書に公文書管理法が適用されるか。適用されると文書作成義務が発生するが国民は確認できない。防衛秘密は国立公文書館への移管はされず破棄されるが防衛秘密には特定秘密が含まれる。P8https://t.co/0DYl5dSZDq https://t.co/FbRUBlXuhc
まあ、日本政府、マスコミも日本国民を無知にさせているから、どの国も同じかな。 秘密保護法制定で世界各国が日本は情報公開が先進国では最も遅れた国だとバッシングが激しいのに、日本のマスコミは報道していない。 https://t.co/tUqKKfe6wS
社会的状況の国際比較による情報公開、公文書管理、秘密保護に関わる考察 https://t.co/tCeGTeFGN9
https://t.co/6GX9E5BFYD

収集済み URL リスト