著者
松山 洋平
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.85, no.1, pp.75-98, 2011-06-30 (Released:2017-07-14)

本稿の目的は、ターハー・ジャービル・アル=アルワーニーのクルアーン解釈理論に焦点を当て、その思想のポストモダン性を描出することである。アルワーニーは、クルアーンの啓示と預言の封緘によって、神が明示的に世界に介入する「神的主権」が終結し「クルアーンの主権」の時代へ移行したと論じる。この「クルアーンの主権」理論は、シニフィエとしての神本体ではなく、クルアーンというシニフィアンに対して主権性を付与するものだ。但し彼は、「世界のキラーア(読解)」と「クルアーンのキラーア」の相互依存関係を指摘することで、その思考を法的な問題領域の内に留めた。そして、現代におけるイスラーム法の望ましい形として「少数派フィクフ」を提唱する。「少数派」として生きることを前提とするこの法概念は、ミクロロギーの世界でのみ正当性を持つ「小さな物語」を作り出す。本稿は、アルワーニーに限られない現代イスラーム思想界全体に密に浸透しつつあるポストモダン的なエートスを指摘するための準備作業の一環である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

松山洋平「ターハー・アルワーニーのクルアーン解釈理論 : 現代イスラーム思想におけるポストモダン性」https://t.co/HtLADJGDDT かなり、面白かった。西欧近代と親和的なウラマーの理論を日本語で読める機会は少ない。
松山洋平「ターハー・アルワーニーのクルアーン解釈理論 : 現代イスラーム思想におけるポストモダン性」 https://t.co/bBXjSHs9Ua こっちの論文ではアルワーニーの思想がリオタール、デリダの用語を使いながら紹介されてる。

収集済み URL リスト