著者
駒宮 功額
出版者
安全工学会
雑誌
安全工学 (ISSN:05704480)
巻号頁・発行日
vol.37, no.2, pp.122-127, 1998-04-15 (Released:2017-04-30)

大気圧空気の酸素分圧約160mmHgより高い高圧空気や純酸素は,大気圧空気より支燃性が強く可燃物の存在により激しい火災や爆発を生ずることがある.高圧空気が安全なエネルギーとして用いられ始めたり,酸素が生産販売されると同時に事故が発生した。日本は遅れた技術導入により,一応安全化されていたため,その危険は十分認識されていなかった.しかし1950年代に過剰酸素による火災・爆発が多発したが,技術,教育,保全などの発達により事故は激減した.ところが近年再び事故を生じているので,事例と大気空気と異なる支燃性を紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

魔法で極低温が作れる世界なら、小麦粉使った粉塵爆発より液体酸素+豚肉爆弾の方が条件満たしやすいかもしれない https://t.co/61t2A1HSo9

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: UZic
2020-07-17 13:42:49 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト