著者
矢部 信良 百瀬 重禎
出版者
The Society of Cosmetic Chemists of Japan
雑誌
日本化粧品技術者会誌 (ISSN:03875253)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.372-378, 1998-12-20 (Released:2010-08-06)
参考文献数
12
被引用文献数
39 39

酸化セリウムを利用した新しい紫外線遮断剤を合成した。不定形シリカによりコーティングすることにより, 酸化セリウムの高い紫外線遮断効果を保ったまま触媒活性を低下させることに成功し, 種々の化粧品剤型への応用が可能となった。水溶液中で水酸化セリウムと珪酸ナトリウムから合成した粒子は, 酸化セリウムと不定形シリカの割合が7:3の場合に紫外線遮断能と, 触媒活性の低さの面から最も化粧品素材として有用性が高かった。この1次粒子は平均で, 長径が50nm, 短径が6nmの針状微粒子であった。化粧品製剤への応用についての検討を行った結果, 高いSPFを与える配合量においても, 肌上に使用した場合の高い透明性と, とくにメーキャップ製品の外観色に与える影響を最小限に抑えることができることを確認できた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

とりあえず化粧品成分としての酸化セリウムについて厚労省の論文あったからあげときます。 https://t.co/DxCpbhlXa8
@SS1asa2ari ちなみにこちらの文献だと酸化セリウムの対応波長は250nm〜350nm程度で、ブルーライト(380nm〜500nm)を十分にカットできる数値ではないように思います
https://t.co/ljspDkMtUP これを読むと、コーセーが酸化セリウムの触媒活性を低下させる原料を開発したってことなのかな? https://t.co/ffJUxt7kz6 これを読むと、酸化セリウム自体にリスクがあるから大手はあまり使わないということなのか。むむむ。(転載禁止なので内容は書けず)↓

収集済み URL リスト