著者
黒島 晨汎
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌 (ISSN:03891313)
巻号頁・発行日
vol.40, no.1, pp.25-34, 2003 (Released:2003-06-06)
参考文献数
6

体温の認識から,体温計の開発,発熱を含む体温調節反応の発見とそれらの調節機序の解明に至るまでの体温医学の歴史的発展について概観した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 15 favorites)

迷惑型低次機脳メンヘラについて 【月間】満月に連動して気分が高揚する 【年間】体温-12℃=最高気温の季節に連動して活動的になる https://t.co/sCoXnjCwky 私に無用なちょっかいを出して無様に逮捕された東裕… https://t.co/gewoUgToFn
1 1 https://t.co/AYLOsnNJSL
体温の認識からを研究する体温医学なるものもあるのかーー! https://t.co/q8LkJDtsXs

収集済み URL リスト