著者
平田 耕造
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌 (ISSN:03891313)
巻号頁・発行日
vol.53, no.1, pp.3-12, 2016-04-01 (Released:2016-04-18)
参考文献数
47
被引用文献数
1

本研究は熱負荷時に手から還流する皮静脈血流が,どの程度前腕からの蒸散性(E)及び非蒸散性(R+C)熱放散量に影響するか明らかにすることを目的とした.両腕は,一側ずつ手血流量と手からの還流静脈血を手首のカフ加圧(250 mmHg)により 30 分間遮断する加圧側としない対照側とした.食道温が 0.82℃上昇する間,手の血管拡張後,対照側の前腕皮膚温は 3.2℃上昇したが,加圧側では上昇が認められなかった.これに伴って,対照側の前腕発汗量は 0.21 units まで増加したが,加圧側では 0.13 units に留まった.これらの結果から,手の血管拡張による AVA 血流量の増加は,前腕の発汗量増加と皮膚温の上昇による熱放散量亢進に著しく寄与することが判明した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 11 posts, 12 favorites)

https://t.co/VnSCbxqd2u 適当にググったらそれっぽいやつ出てきたな
手足は温度感知器であり放熱を制御する熱調整機でもある。耳や顔はそのままが脳であり中枢司令塔側。 末梢の信号を拾うのは手足。手袋と耳あてすんな。帽子かぶんな。お腹と背中だけ温めとけ。 EZ健康道場 https://t.co/pLOr2fTYP5
熱中症予防としてはAVA(動静脈吻合)血管を冷やすと良いと言われています。 この血管は手足の末端、耳、唇に多いと言われているため、簡易的にできる掌、耳、唇を冷やすと良いですよ
また、熱中症予防のために濡れたタオルを首に巻いたりするところをよく見ますが、それよりも冷えたペットボトルなどで手のひらの「AVA血管」を冷やした方が効果があります。 https://t.co/QH8Q7eEm8L https://t.co/ZBJ0F6Mnkl
https://t.co/w5hqAovcRA

収集済み URL リスト