著者
山中 伸一 中村 泰人
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌 (ISSN:03891313)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.45-52, 1997-04-01 (Released:2010-10-13)
参考文献数
10
被引用文献数
1

北海道, 東京都, 京都市, 和歌山県, 沖縄県の5地域における肺炎・気管支炎死亡率について, その経年変化の回帰曲線から算出した値を基準に, 月別粗死亡率の偏差 (%で表示, 過剰死亡指数と呼ぶ) を用いて, 平均気温, 平均湿度, 降水量との関係を重回帰分析により検討した.その結果, (1) 5地域すべてにおいて説明変数は一つであり, 死亡指数 (正規化後過剰死亡指数) は平均気温と負の有意の相関を示した.しかも散布図によれば高温側では正の相関に変化する傾向が見られた. (2) 月別に平均した15年間の死亡指数と平均気温の関係をプロットしたスプライン曲線の観察から, 冬季の低温とともに夏季の高温が危険因子であることが明らかとなった. (3) 向暑期における死亡指数極小点に相当する気温は, 北海道: 15.0, 東京都: 22.0, 京都市: 23.0, 和歌山県: 22.5, 沖縄県: 23.5.Cで, 北海道では極小点気温が他の地域に比して低く, その差は平年気温の差にほぼ対応していた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

東京でも沖縄でも気温が低くなれば肺炎、気管支炎死亡率は上昇する。東京の場合には気温22度を下回れば死亡率が上昇する。つまり9月の死亡率がもっとも低い。 https://t.co/iekdizuddS https://t.co/fqyZErwZZk
肺炎による死亡率と気温等の関係 抄録 https://t.co/46ZosES8rz 引用 「死亡指数 (正規化後過剰死亡指数) は平均気温と負の有意の相関を示した」 冬期低温だけでなく、夏期高温も肺炎死亡率を高めるようだ。
肺炎って、やっぱ季節的なものもあるのかな〜。あたたかくなったら収束するのかな〜https://t.co/WRlH5PYHc8

収集済み URL リスト