著者
池田 陽一 秋山 勝宏 岩本 正和
出版者
公益社団法人 石油学会
雑誌
石油学会 年会・秋季大会講演要旨集 第59回研究発表会
巻号頁・発行日
pp.47, 2010 (Released:2010-07-19)

水素加圧、水熱条件下でセルロース分解反応について、有効な触媒、反応条件を検討した。その結果、貴金属系触媒(Ir, Pd, Pt, Rh, Ru等)を用いると、セルロースの加水分解、水素化反応が促進され、C2-C6の第一級アルコール、及びC2-C6のジオールが生成した。特に、IrCl3触媒は高い活性を示し、アルコール類約20%、ジオール類約10%収率であった。中でも1-ヘキサノール(収率11%)とエチレングリコール(収率4%)はかなり選択的に生成した。(195字)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 6 favorites)

@s8t8r9n0 @spring_yard @pixie10ole @ExcellencyRozen 非可食部を使う研究が進んでいるようですが? https://t.co/o1n7EAa0wh
@pixie10ole 麦わら米わら、刈り取った道端の雑草、山林の下草枝、などの繊維素(セルロース)を直接有機炭素燃料に変換する研究が進んでいるようです。 https://t.co/o1n7EAa0wh

収集済み URL リスト