著者
上石 勲 早川 典生 川田 邦夫 千葉 京衛
出版者
The Japanese Society of Snow and Ice
雑誌
雪氷 (ISSN:03731006)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.127-136, 1994-06-15 (Released:2009-08-07)
参考文献数
6

新潟県新井市の大毛無山の新井スキー場には,雪崩対策として,プロパンガスと酸素の混合物を爆発させ雪崩を誘発する“ガゼックス”が設置されている.これを使用して,1992年1月~3月にかけて数回の人工雪崩実験を行い,大規模な雪崩発生に成功した.雪崩発生時の積雪構造と雪崩規模について解析した.また1993年5月には,ガゼックスの爆発による雪面と積雪内部の空気圧測定実験を行った.その結果,ほぼスキーヤー1人の荷重に等しい空気圧を得た.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

Araiで使われてたガゼックス。こんな研究資料なんかもでてたんですねぇ。 ところでAraiさんの復活の兆しなどは如何なものでしょうか。。。 #nadare #雪崩 #Avalanche https://www.jstage.jst.go.jp/article/seppyo1941/56/2/56_2_127/_article/-char/ja/

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

ガゼックスを用いた雪崩発生法に関する研究 https://t.co/Jlvikig69C
ガゼックスを用いた雪崩発生法に関する研究 https://t.co/JlvikhYvi4
論文中に「キャノン」って表記があるのも新鮮だなw https://t.co/ovIoh28yKI

収集済み URL リスト