著者
村上 雄飛 井上 隆 前 真之 岩本 靜男 倉渕 隆 大塚 雅之 佐藤 誠
出版者
公益社団法人 空気調和・衛生工学会
雑誌
空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 平成26年度大会(秋田)学術講演論文集 第1巻 給排水・衛生 編 (ISSN:18803806)
巻号頁・発行日
pp.41-44, 2014 (Released:2017-11-15)

既報に引き続き、節湯型シャワーヘッドの更なる流量削減の可能性を把握するため、シャワーヘッドの本数を増やしたり、散水板に加工を施し穴数や穴の分布を変えたりすることで、既報と本報の実験結果を総合的に分析することを目的とした。結果、最適流量時の全吐水力は0.5〜0.7N程度であり、最適流量は全吐水力により推測できること、また最適流量時のボリューム感が低いほど、また勢い感が高いほど、中央部の吐水の抜けが大きい場合も不満足となることを示した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

「シャワーヘッド」でググると、どれ選べば良いんだ・・・?となるくらいシャワーヘッドっていろんな商品あるんですね。 いろんなランキングサイトがある中で、特に選ぶのに役立ったのがコレ。空気調和・衛生工学会大会の学術講演論。 https://t.co/nw3TlUHWvD

収集済み URL リスト