著者
福田 有希子 高月 誠司 三田村 秀雄 大橋 成孝 家田 真樹 三好 俊一郎 小川 聡 坂本 宗久 茅野 眞男 鈴木 亮 佐藤 千恵 黒島 義明 菊野 隆明
出版者
公益財団法人 日本心臓財団
雑誌
心臓 (ISSN:05864488)
巻号頁・発行日
vol.36, no.Supplement3, pp.18-23, 2004-07-30 (Released:2013-05-24)
参考文献数
2

症例は35歳の男性.失神,突然死の家族歴はない.平成15年4月1日午前9時3分頃,通勤途中の電車内で,突然意識消失.駅員が午前9時7分救急隊を要請した.モニター上心室細動(VF)で,救急隊により午前9時15分電気ショックを施行,午前9時24分再度VFとなり,2回めの電気ショックを施行した.その後洞調律を維持し,午前9時45分他院救急救命センターに搬送された.到着時意識レベルは,昏睡状態,JCS300,血圧135/82mmHg,心拍数116/min,洞性頻脈で,瞳孔は3mm大,対光反射を認めず,脳保護のため低体温療法を開始した.復温とともに意識状態は回復し,神経学的にも後遺症を認めなかった.心臓超音波検査,冠動脈造影,アセチルコリン負荷検査を行ったが,異常所見は得られず,当院へ紹介入院した.トレッドミル運動負荷試験,pilsicainide負荷試験では異常所見を認めなかった.6月10日に行った心臓電気生理検査で,Baselineでは不整脈は誘発されなかったが,isoproterenol負荷後の右室期外刺激(400/200ms)で,VFが誘発され,特発性VFと診断し,ICD(植え込み型除細動器)を挿入した.本症例は,医師の指示なく,救急救命士の判断で行った電気的除細動によって一命をとりとめ,さらに社会復帰し得た本邦第1例目の症例であった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 11 posts, 11 favorites)

J-STAGE Articles - 第16回心臓性急死研究会 救急救命士による指示なし除細動で,心室細動から救命,社会復帰しえた1例 https://t.co/f6gs8cWr8K 本文はAEDのかなりの有効性が書いてある。質疑応答の時に「AEDと裁判」についてもちょっと触れている。救急救命士もAEDを許可なしに使えなかった時代の話。
https://t.co/8rmZtp0HIV 2004年の症例報告。この中の座談会でAEDの使用に関しての話が出てますね。医師の指示なしでのAED使用はありかなしかといった具合。救急救命士であってもそこら辺が制限されていた時代かぁ。 https://t.co/654yLkdsxU
https://t.co/RmSui9zVlr 2003年くらいまでは救急救命士もAED(除細動器)を医師の指示なしにはなかなか使えなかったが、慶應義塾大学の三田村先生が厚労省と掛け合って実施出来るようになった。バイスタンダーに対してもその様な動きがあれば良いのだが。
@ouiochaGW @AI81771712 AEDは特例で認められた医療行為です。救急救命士も行っていいのかどうかという議論が10年前くらいにもあったくらいですね。https://t.co/jjUnzIy0Iz これの質疑応答でその話題が出てます。
AEDの訴訟、裁判について。10年以上前の論文ですが質疑応答の時に興味深い発言が。「もしやって亡くなって家族に訴えられた場合裁判で負ける」とあった。まだ医師からの指示がないと実施できにくい時代。一般の人に置き換えたら現在の話になる?https://t.co/8rmZtp0HIV

収集済み URL リスト