著者
小口 太一 大西 真理 近川 幸恵 児玉 貴志 鈴木 えみり 笠原 正輝 穐山 浩 手島 玲子 布藤 聡 日野 明寛 古井 聡 橘田 和美
出版者
公益社団法人 日本食品衛生学会
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.50, no.1, pp.41-46, 2009-02-25 (Released:2009-03-26)
参考文献数
5
被引用文献数
2 or 0

食品・飼料としての利用を目的とした遺伝子組換えテンサイ品種が開発されている.本研究では,テンサイを原料とした加工食品を遺伝子組換え食品の検査の対象にすべきか評価するため,テンサイ糖製品におけるDNA残存の有無を調査した.複数のテンサイ内在性遺伝子配列を標的としたPCR分析の結果,テンサイに含まれるDNAは製糖過程の早い段階で分解され,テンサイ糖製品中から分析可能な質および量のDNAは回収できなかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

CiteULike (1 posts)

Twitter (4 users, 5 posts, 4 favorites)

“…it is unlikely residues of DNA are present at measurable levels in commercial beet sugars” https://t.co/kBktXP5UQ4
2 2 https://t.co/WY70Zrj4Hv
1 1 https://t.co/7ste3F6Yyd
@JaneeGerding @DelMonte 2/2 https://t.co/nxXOM5vqxv

収集済み URL リスト