著者
岸 美智子 佐藤 修二 土屋 久世 堀口 佳哉 和田 裕
出版者
Japanese Society for Food Hygiene and Safety
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.16, no.5, pp.318-323_1, 1975-10-05 (Released:2009-12-11)
参考文献数
17
被引用文献数
1 2

加熱食用油から発生する気化物質の吸入毒性について検討するため, ウサギを用いて, 循環呼吸系に及ぼす影響を調べた. 加熱食用油からの発生ガスを吸入させると, 著明な心拍数の減少と呼吸運動の抑制が発現し, 血圧上昇も認められた. 気化物質中, 比較的多く存在するエタン, ペンタン, アクロレインのうち, 発生ガスと同じ症状を発現させるのは, アクロレインのみであった. また, アクロレインを除去した発生ガスでは, 症状が現れず, これらの結果から, 加熱食用油からの発生ガス吸入によって循環呼吸系に現れる毒性症状の主たる原因物質は, アクロレインと思われる.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[1975年][食品衛生学雑誌]

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

天ぷら揚げの際,「#油に酔う 症状」と身体への影響 . 動物が加熱食用油から発生する気化物質の吸入すると、 呼吸運動の抑制と心拍数の減少および血圧の上昇が認められる。家庭の台所においても油を用いた調理j時は、十分な換気に気をつけま… https://t.co/89U2dgcFhK

収集済み URL リスト