著者
杉山 登志郎
出版者
日本小児耳鼻咽喉科学会
雑誌
小児耳鼻咽喉科 (ISSN:09195858)
巻号頁・発行日
vol.35, no.3, pp.179-184, 2014 (Released:2015-03-13)
参考文献数
11

近年の罹病率研究では,発達障害は子どもの 1 割を越えるという驚くべき頻度が示される。これだけ一般的な問題は,多因子モデルが適合することが知られている。多因子モデルによって示される,より広範な素因を有するグループを筆者は発達凸凹と呼んできた。2013年に発表された新しい診断基準 DSM–5 では,多元診断がうたわれており,これは多因子モデルを前提としており,発達凸凹というとらえ方にも合致する。  発達障害の広がりに,支援の側が追いつかない現状がある。特に自閉症スペクトラム障害は,その特異な認知特性を考慮しないと,教育そのものが成立しない。さらに最近,発達障害と心的トラウマとが掛け算になった症例に出会うことが多くなった。これらの難治性症例の臨床的な特徴を紹介し,その治療について述べた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 5 favorites)

@_seto_blue @CBydbbmpg 「"発達障害"ではなく"発達凸凹"と呼ぶ方が、その特徴をより適切に表現している」という主張があると思います。 https://t.co/KBdFSNprB4 これからの思いつきですが… https://t.co/hwmzqH7id0
@mirailist リンクを貼るのを忘れていました。 杉山登志郎(2014)「発達障害から発達凸凹へ」,『小児耳鼻咽喉科』35(3), pp. 179-184, 日本小児耳鼻咽喉科学会… https://t.co/AYTOrwxOAL
@knyel_shahor それは思います。事実そういう理由で使わない人もいるでしょう。 ただ現状、状態を表し広く使いやすいものとしては最適なんです。決してふざけてはないんですが。 https://t.co/6a0q0cyIQf
第3回日本小児耳鼻咽喉科学会総会特別講演 杉山登志郎 発達障害から発達凹凸へhttps://t.co/poCdYxVM1a そっか、耳鼻科にも影響があるのか。#発達障害

収集済み URL リスト