著者
細井 千晴 坂田 英明 安達 のどか
出版者
日本小児耳鼻咽喉科学会
雑誌
小児耳鼻咽喉科 (ISSN:09195858)
巻号頁・発行日
vol.29, no.1, pp.56-61, 2008 (Released:2012-09-24)
参考文献数
12

耳鼻咽喉科疾患は中耳炎や鼻出血など,小児に多い救急疾患の特徴があり,その対応には専門的な知識が必要である.今回我々は,専門的な知識を要する耳鼻咽喉科に関連した電話による問い合わせについて,その内容や対応などの現状を調査した.2006年1月から3月において,耳鼻咽喉科疾患に関連した診療時間外の電話による問い合わせは,81件で全体の8.5%であった.内容は,「異物」「外傷」「鼻出血」に関するものが上位を占めていた.救急外来看護師による院内電話対応マニュアルに沿った対応の結果,約67.1%が救急受診を回避することができた.症候や疾患の特徴をよく理解した上で,電話相談により緊急度を判断し,さらに適切な指導を行うことは,(1)保護者の不安の軽減・対処能力への支援,(2)夜間の時間外診療の負担軽減に効果が期待できる,など小児救急医療の抱える問題の解決の一部として,大変意義深いと考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 9 posts, 14 favorites)

@yusuke_tsugawa コンビニ受診というより相談先がないことが問題で、#8000(小児受診相談)の普及・宣伝や拡充(夜間実施していない自治体あり)のほうが先だと思います。 「救急外来看護師による院内電話対応マニュアルに沿… https://t.co/uwmmZaOoDP

収集済み URL リスト