著者
木川 智美
出版者
心理学評論刊行会
雑誌
心理学評論 (ISSN:03861058)
巻号頁・発行日
vol.59, no.4, pp.387-396, 2016 (Released:2018-03-21)
参考文献数
45

The purpose of this study is to comprehensively review the trends in psychological research on manipulation of others and to consider the direction of future research in this area. Based on the studies in this review, a model is proposed that can order in terms of effectiveness or susceptibility the manipulations used in antisocial behaviors using combinations of “personality traits that seek to manipulate others or techniques for manipulating others” and “specificities of the object persons of the manipulation”, respectively. As for future issues and prospects, it is desirable to develop a comprehensive model that includes various underlying concepts by defining the common theoretical structure that encompasses various concepts in each area while repeatedly testing the validity of the model. The applicability of the model should be evaluated based on the many actual techniques of manipulating others and on the social cases of manipulating others.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 14 posts, 18 favorites)

他者を操作することの心理学的研究の動向と展望 これはおすすめ論文です。モラルハラッサーとか自分を卑下しながら相手をコントロールしようとする人とか、そういった他者操作に関してまとめられています。 https://t.co/vPQudFKYo9
> 他者操作方略とは“利己的で高圧的に他者をコントロールして自己の利益を得ようとする方略” と“他者からのケアを引き出そうとする方略” という 2 つの側面に集約されると考えた。 https://t.co/GWSnwJBgSt
J-STAGE Articles - 他者を操作することの心理学的研究の動向と展望 https://t.co/lh13vGg07s
リプ内でブロック宣言してブロックした方、まさにこれらだった。 https://t.co/GPMYVXXT7y https://t.co/nFSnkMrV7i
内海 健太, 齊藤 智 展望記憶における反応抑制と表象抑制の役割 https://t.co/NAbtrlLdWh 三好 清文 認記憶データモデリング https://t.co/0rvGH32AKw 木川 智美 他者を操作することの心理学的研究の動向と展望 https://t.co/MwlDwEpVJ2

収集済み URL リスト