著者
桐谷 佳惠 上田 太規 織田 万波 越山 豪 山崎 一矢 赤瀬 達三
出版者
一般社団法人 日本女性科学者の会
雑誌
日本女性科学者の会学術誌 (ISSN:13494449)
巻号頁・発行日
vol.9, no.1, pp.59-66, 2008 (Released:2011-10-06)
参考文献数
7

本研究は、首都高速道路案内標識デザイン提案の一環で行われたフルスケールでのフォント視認性測定実験である。使用フォントは新ゴMとVialogLT Mで、「永環」、「Cerija」、「B08」の文字列を対象にした。和文の文字高は、500、450、400、350、300mm、アルファベットと英数は400、350、300、250、200mmの5段階に変化させた。距離は、「おそらくこうであろう」と思ったところ(視認性判断)と、「確実に文字が読めた」ところ(認知度判断)の2カ所を測定した。結果として、視認性判断の距離は認知度判断の距離より、どの条件でも有意に大きくなったが、約半数の実験参加者が、視認性判断では間違った文字列を報告した。また、和文500mmと450mmでは、どちらの判断距離も有意な差が出なかった。アルファベットは和文より視認距離が大きく、和文の約70%の文字高で和文と同程度の視認・認知距離を得られることがわかった。さらに、視認性測定の意味など、方法論上の問題も議論された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

@kanpipipi5 こういうのもありそう(この論文で明言されてはいないと思うけど) https://t.co/o86TF31JRm
@JH_font よろしければこの辺もどうぞ https://t.co/ZZJnsMrUAV https://t.co/gYFzwUKG5m https://t.co/ScIEy2Lgm7 https://t.co/r37h00mrXo

収集済み URL リスト