著者
朝岡 正雄
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.29, no.1, pp.31-35, 2005 (Released:2007-02-23)
参考文献数
22
被引用文献数
4 1

動きの正確な模倣は人間に固有の能力であり,他の動物には見られない.この能力が発揮される生理学的メカニズムは今日でも十分に解明されているとは言い難い状況にある.確かに,現代の科学技術を用いれば,空間内に展開される人体の運動の軌跡を正確にトレースしてそれを機械で再現することは可能であろう.しかし,スポーツにおける技能伝承の場では,他者の動きを学習者自身の身体で再現することが求められる.本論では,人間に固有の「動きの模倣」の方法を「なぞり」という視点から解説し,この延長線上に動きのイメージトレーニングが成立していることが示される.これによって,スポーツにおける想像力の役割とその重要性が明らかになれば幸いである.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[イメージトレーニング][2005年][浅岡 正雄][バイオメカニズム学会] 29巻1号31-35ページ

Twitter (7 users, 9 posts, 3 favorites)

イメトレの原理がわかる論文 真似から意味を汲み取り型にする。型は仕方であり形ではない。フォームを追求しても上達の効果は期待できない。フォームが意味することの理解が重要であることを述べている。 意味が理解できたら、できる前に、できる気になる段階がある。 https://t.co/azS4vXsI8f
【見て上手くなる体育】 技能を習得している人が、その映像を見ると筋電図の波形は実際の運動と同じものを示す。 体育では、「する」と「みる」を繰り返し、他者の技能を観察(主観的な視覚と同じような体を動かすイメージ)し、自分の動きを近づけていく行為が重要となる。 https://t.co/U9Scj6IWuk
@survival_d 以下関連?です イメージトレーニング https://t.co/Z0eWgRsto8 小脳の内部モデルhttps://t.co/4ECm8P4JXC ?
コートサーフェス別のファーストサービスの着目した世界一流テニス選手のゲーム分析(岩月ら 2012) フェデラーとナダルの複数の対戦におけるコートサーフェス別のファーストサービスの特徴及び戦術を明らかにすることを目的とした研究 https://t.co/3kCYroMODJ
そっちの説明もあった。動きの模倣とイメージトレーニング http://t.co/2ntSCHky
そっちの説明もあった。動きの模倣とイメージトレーニング http://t.co/2ntSCHky

収集済み URL リスト