著者
田中 由浩
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.41, no.1, pp.21-26, 2017 (Released:2018-02-01)
参考文献数
34

振動は触覚において様々な感覚に関わり極めて重要な情報である.我々の触覚は,対象と皮膚との力学的相互作用により皮膚で発生した変形や振動,熱の変化に基づく.また,触覚の受容と運動の間には双方向の関係がある.したがって,触覚には皮膚の力学的特性や運動特性が大きく関与する.本稿では,これらの観点のもと,振動と触覚との関係を,皮膚特性,触知覚,運動特性から,概観したい.皮膚特性では皮膚で生じる振動の周波数特性や,指紋や皮下組織の構造と振動との関係を,触知覚では粗さの感覚と振動との関係を,運動特性では個人差や粗さ知覚における運動調整を主に紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

振動に関わる皮膚特性,触知覚,運動特性 https://t.co/G8QsXfLy1N 触覚の振動感覚においてその受容器(の中の一つ)であるパチニ小体の周波数感受性のピークと、指先の皮膚の機械的振動のピークと、指を擦った時に指紋で発生する振動のピークが一致していて振動感覚を増強しているらしい 人体すごい
主に振動の伝搬とその観測,条件によるそれの違いについて書いてある. 粗さ感の応用も最後にあって,またまた私の脳内お花畑になってます. #やすだ勉強録 https://t.co/I1Llq3etKn

収集済み URL リスト