著者
九後 汰一郎
出版者
素粒子論グループ 素粒子論研究 編集部
雑誌
素粒子論研究 (ISSN:03711838)
巻号頁・発行日
vol.110, no.3, pp.C22-C35, 2004-12-20 (Released:2017-10-02)

今年2004年はYang-Millsの記念すべき論文が発表されてから50年になる。この機会にゲージ理論の発展の歴史を振り返り、ゲージ理論をめぐっての考察を行う。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 18 posts, 30 favorites)

突然ですが、 Lochlainn ORaifeartaigh "The Dawning of Gauge Theory" https://t.co/eDDwSpCz4H はおススメです。 関連文献: 「統一場理論からゲージ理論へ」 https://t.co/sttZVg3OlH 「ゲージ理論をめぐって : Yang-Mills 50年」 https://t.co/Lte4Bqhip7
【ゲージ理論の歴史についての文献】 九後 汰一郎「ゲージ理論をめぐって : Yang-Mills 50年」 https://t.co/Lte4Bqhip7 私の記事:「統一場理論からゲージ理論へ」 https://t.co/sttZVg3OlH N. Straumann https://t.co/b2E9u4hL2Z L. O'Raifeartaigh and N. Straumann https://t.co/3cEuSzzOnV
参考文献: 九後 汰一郎「ゲージ理論をめぐって : Yang-Mills 50年」 https://t.co/Lte4Bqhip7 Lochlainn O'Raifeartaigh, "The Dawning of Gauge Theory" https://t.co/eDDwSpCz4H また、私の書いた記事:「統一場理論からゲージ理論へ」 https://t.co/sttZVg3OlH
L. O'Raifeartaigh, "The Dawning of Gauge Theory" https://t.co/eDDwSpCz4H の目次に、九後「ゲージ理論をめぐって:Yang-Mills 50年」 https://t.co/u1jsVdC7DC の表1を加えた画像 https://t.co/pv7X3RrMGI

収集済み URL リスト