著者
山住 勝広
出版者
特定非営利活動法人 組織学会
雑誌
組織科学 (ISSN:02869713)
巻号頁・発行日
vol.48, no.2, pp.50-60, 2014 (Released:2015-04-25)
参考文献数
49
被引用文献数
2 or 0

今日,人間の活動は,文化的に多様な組織の間でのネットワークや協働など,新しい形態に向けて,急速にパラダイム転換している.本論文では,活動理論と拡張的学習の理論にもとづき,時や場所,あるいは階層レベルを横断するような,仕事の現場における新しい学習の形態について検討した.そのさい,ノットワーキングと呼ぶことのできる新しい協働のパターンに注目し,その中での学習と主体性の形成に焦点化した事例の分析を行った.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

これだああああ

Twitter (4 users, 5 posts, 3 favorites)

次の拙著論文がJ-STAGEで公開されています。 山住勝広 (2014).「拡張的学習とノットワークする主体の形成—活動理論の新しい挑戦」組織学会『組織科学』第48巻第2号, 50-60. https://t.co/QenFVWuiTQ
山住勝広「拡張的学習とノットワークする主体の形成──活動理論の新しい挑戦── 」組織学会『組織科学』Vol. 48 (2014) No. 2 pp. 50-60 http://t.co/QenFVWuiTQ
山住勝広「拡張的学習とノットワークする主体の形成──活動理論の新しい挑戦── 」組織学会『組織科学』Vol. 48 (2014) No. 2 pp. 50-60 http://t.co/Ipru94RACB

収集済み URL リスト