著者
塩谷 剛
出版者
特定非営利活動法人 組織学会
雑誌
組織科学 (ISSN:02869713)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.46-59, 2020-09-20 (Released:2020-10-08)
参考文献数
34

本研究では,両利きの経営者の存在が企業パフォーマンスに与える影響について検証する.具体的には,農業法人の経営者を対象とした質問票調査データを用いて企業パフォーマンスに対する経営者の探索姿勢2変数(新商品開発及び新市場開拓)と活用姿勢の交互作用について検討した.分析の結果,企業パフォーマンスを向上させるためには,経営者は両利きであることが望ましいが,それは探索の内容に左右されることが示された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 30 favorites)

経営者の個人レベルの「両利きの経営」の実践が、企業パフォーマンスに与える影響について検証した研究 経営者による探索と活用が企業パフォーマンスへ及ぼす影響 https://t.co/E0g7n3S3wi

収集済み URL リスト