著者
永山 晋
出版者
特定非営利活動法人 組織学会
雑誌
組織科学 (ISSN:02869713)
巻号頁・発行日
vol.54, no.4, pp.44-58, 2021-06-20 (Released:2021-07-15)
参考文献数
69

機械学習をどのように活用すれば社会科学を発展させることができるのか.この問いを検討するため,本稿は現実の説明に向けた機械学習と,現実の制御に向けた機械学習の活用方法の2つの観点から既存研究を概観する.とりわけ,現実の制御に関する既存研究を,対象の制御形態としての最適化と拡張の観点から整理する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (25 users, 26 posts, 103 favorites)

永山晋(2021)「現実の説明と制御:社会科学における機械学習」『組織科学』54(4):44-58。https://t.co/iF6hqK8DGR
現実の説明と制御:社会科学における機械学習 https://t.co/2gvQ0cQWnH
社会科学における機械学習 の活用1 >>> https://t.co/NkE3Sf3kG7 #AI #人工知能 #機械学習 #深層学習 #ディープラーニング
組織科学に最近書いた論文のpdfが公開されていました!自分の勉強のために社会科学への機械学習の活用方法を整理してみたものなのですが、専門家が見たら怒られるかも笑https://t.co/wKEuXYaIYx

収集済み URL リスト