著者
岸本 充生
出版者
一般社団法人日本リスク学会
雑誌
日本リスク研究学会誌 (ISSN:09155465)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.237-242, 2020-05-25 (Released:2020-05-26)
参考文献数
5

In this paper, I considered the novel coronavirus pandemic as general as possible from the aspects of emerging risks and the relationship between science and policy. For the former, it was proposed to institutionalize mechanisms such as national risk assessments carried out in other countries, and for the latter, to visualize the process from scientific facts to the determination of risk management measures. In addition, responding to the novel coronavirus requires the involvement of experts not only from a medical point of view, but also from a behavioral point of view.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 15 posts, 28 favorites)

【論文メモ】岸本(2020) リスク研究学会誌/レター論文。COVID-19のリスク対応をテーマにリスクへの対応はどうあるべきかについて考察。主に「見えない(起こっていない)リスクをどうみるか」「見えた(起こっている)リスクをどう扱うか」という二面からの議論。勉強になった。https://t.co/y24QCs8WCq
日本リスク研究学会誌29(4)にレター「エマージングリスクとしてのCOVID-19―科学と政策の間のギャップを埋めるには―」を書きました。https://t.co/qb4EaB1rD6 (動きの速いネタについて3月末に5月末出版の原稿を書くのは難しい。できるだけ賞味期限が短くならないように心掛けたつもり)

収集済み URL リスト