著者
山口 達男
出版者
一般社団法人 社会情報学会
雑誌
社会情報学 (ISSN:21872775)
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.17-32, 2019-03-31 (Released:2019-05-01)
参考文献数
25

本稿は,現代社会において危惧されている「監視社会化」の進展によって,どのような〈主体〉としてわれわれが形成されているかを明らかにする試みである。その際,Foucaultが監視を,「権力(生権力)」がわれわれを「主体化=従属化」するための戦略・技術として措定したことを分析の手がかりとして用いた。その上でまず,現在の監視は「一望監視」から「データ監視」,そして誰もが監視し,監視される〈衆人監視〉へと移行していることを指摘した。そして,その移行に伴い,われわれの〈主体〉もまた変容していることを述べた。つまり,〈規律訓練型主体〉から“リスク予防型主体”,さらには〈自己配慮型主体〉への変容である。すなわち,〈衆人監視〉という現在の監視状況において,われわれは〈自己配慮型主体〉として形成されているのである。ここでいう「自己配慮」とは,ビッグデータから自生した「規準」に沿って,自らの〈人物像〉を「制御」することを意味している。しかもそれは,Foucault謂うところの「自己への配慮」とは異なり,データ的な“自己”との関係において営まれるものである。この営為が,「誰でもない誰か」との〈衆人監視〉から要請されている点は,現代社会特有の問題と言い得る。したがって,こうした視点から現在の監視社会化を考察しなければならない。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

先輩に紹介してもらったものだけど、監視社会における主体化〓隷属化に関するここ数ヶ月間のモヤモヤが一気に解消された鮮やかな論文。 読んでいておおー!と思わず声を出してしまった。 https://t.co/ka6XW8HLDh
https://t.co/JaSOFGSeQN
社会情報学会の2017年度研究発表優秀賞を受賞した発表をもとにした論文を読む。あたかも、ポストコロナ時代の監視社会を見据えたような内容だ。https://t.co/wAa2YktKuD
山口達男、2019、〈衆人監視〉時代の「自己配慮」──フーコー権力論に基づくビッグデータ監視の考察(『社会情報学』7(2)) https://t.co/zzC3Nxokrg

収集済み URL リスト