著者
前村 孝志 後藤 智彦 秋山 勝彦 二村 幸基 渡邉 篤太郎
出版者
一般社団法人 日本航空宇宙学会
雑誌
宇宙技術 (ISSN:13473832)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.27-32, 2002 (Released:2002-12-19)
参考文献数
4
被引用文献数
1

平成13年8月29日初号機打上げに成功したH-IIAロケットは,幅広い打上げ能力と柔軟な運用性を持ちながら,コストはH-IIロケットの約半分の1機85億円以下であり,世界の商業化ロケットと遜色のない経済性を備えている.このため,信頼性向上とコストダウンを目的にエンジン,機体部品点数の大幅削減によるシステムの簡素化,軽量化に関し様々な新技術を投入した.また,地上設備についても改良を行い,ロケット組立て及び打上げ作業期間を大幅に短縮した.本報では当社が担当した数多くの新技術のうち主要項目について初号機打上げ結果とあわせて紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

@sirius0073 このpdfのP30,31にLE-7Aをジンバリングさせるための油圧システムについて書かれているので油圧だと思います。 https://t.co/wKHNX248UG
どれだけの量のオイルがあるのかはわからなかったけど、LE-7Aのジンバルは油圧アクチュエーターではあるようだ。 https://t.co/wKHNX248UG

収集済み URL リスト