著者
高橋 有記 大西 雄一 松本 英夫
出版者
公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター
雑誌
ストレス科学研究 (ISSN:13419986)
巻号頁・発行日
vol.30, pp.5-9, 2015 (Released:2016-01-15)
参考文献数
10
被引用文献数
1

Developmental Disorder includes, Pervasive Developmental Disorders, Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder and Learning Disorders listed in DSM-IV-TR. Moreover, Intellectual Disabilities are thought to be included in this criteria. Although Developmental Disorder was classified into a big category of “Disorders Usually First Diagnosed in Infancy, Childhood, or Adolescence” in DSM-IV-TR, it is classified into a big category of “Neurodevelopmental Disorders” due to DSM-5 in May, 2013. In this article, we explain the outline of the “Neurodevelopmental Disorders”, and the clinical characteristics of Autism Spectrum Disorder, Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder, and other disorders due to DSM-5.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@moudameder_open 以下が参考になると思いますが、「発達障害」は非常に多くの病名を含む広い概念です。 中には、知的能力と関係する病名もありますが、そうでない病名もあります(学習障害など)。 https://t.co/HZZIBTpHGZ https://t.co/lt3cHJcV8E
神経発達症群は知的能力障害,コミュニケーション症群,ASD,ADHD,LD,運動症群,その他の7つに分類される 中略 神経発達症群は「学童期以前に出現する,通常の発達とは異なることで特徴づけられ,そのために日常生活や社会生活の困難をきたす状態」と定義されている https://t.co/7smG5fBf9Z
Neurodevelopmental disorder って、発達神経障害だと思っていたけど、神経発達障害とか神経発達症群って訳すのが正しかったのか! https://t.co/eGNq0HuEvV

収集済み URL リスト