著者
太田 猛彦
出版者
一般社団法人 日本治山治水協会
雑誌
水利科学 (ISSN:00394858)
巻号頁・発行日
vol.52, no.5, pp.3-26, 2008-12-01 (Released:2017-10-27)
参考文献数
13
被引用文献数
1

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

まず一つ目は都市人口の増加による燃料需要の増大です。 六甲の場合は近くに大坂という大都市がありましたから 大坂方面への薪炭供給地として無制限に雑木が切り倒され 燃料として搬出されました。 次に農業で牛馬の地用が増えたことによる飼料需要の 増大です。牛馬の餌として森林の下草が刈り取られることで 肥えた表層の土壌が流失するようになると 森林はどんどん荒廃してしまいます。 三つめは肥料需 ...

Twitter (9 users, 10 posts, 5 favorites)

お、この論文(pdf)、写真や図も多いし情報まとまってていいな。東京農業大学の先生の。 森林の変遷と現代の森林 "荒廃" 太田猛彦 https://t.co/59sydaRRj8
森林の変遷と現代の森林 “荒廃" 太田猛彦 ソーラー発電の乱開発は、山野の状況をここで書かれている昭和30年以前に戻してしまう可能性があるんじゃ無いかな。 https://t.co/HdElpBG9FA
こんなんあんのね https://t.co/hAhJ3nvGta
森林の変遷と現代の森林“荒廃” 太田猛彦 2008 https://t.co/GX7IBytHWJ
森林の変遷と現代の森林 “荒廃 ,環境 - J-Stage 著者: 太田猛彦 · 2008 12年前から一般のイメージは変わらないね。 https://t.co/5E47KO5G6V
まぁその森林がかつてのものと、同じ植生かは別の話だが…現状の知識はあっても困らない。 https://t.co/5E47KO5G6V

収集済み URL リスト