言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[神戸][歴史][自然] 果たして六甲山は後世言われるほど劇的なはげ山だったのか、ハゲの部分ができたのは単なる管理の失敗だったのかそれとも持続可能な利用の範囲内だったのか

Twitter (14 users, 15 posts, 18 favorites)

果たして六甲山は後世言われるほど劇的なはげ山だったのか、ハゲの部分ができたのは単なる管理の失敗だったのかそれとも持続可能な利用の範囲内だったのか / https://t.co/qVUl1arYLQ
神戸の六甲山は、明治時代には雪でも降ったかというくらい白く輝くはげ山だったという https://t.co/sw4057aody / “江戸時代末期、日本の自然環境は既に崩壊寸前だった~木材伐採と、禿げ山など - Togetter” https://t.co/x3EO0AZ3aV
@Nicobael https://t.co/QwdFdUB690
3つ前のツイートでリンクを貼り忘れた。「広義のはげ山」「狭義のはげ山」の区別が論じられていたのはこちら。似たような論説は他にもあるかもしれない。 https://t.co/PZAI3fegOI
見てる:「様々な形態があり,防災上の危険性や対策方法,森林化の難易などが異なる。六甲山がはげ山と呼ばれた時,どの形態を指した表現だったのか,様々な資料に現れる「六甲山ははげ山だった」という言説を辿っていきたい」 近代の六甲山はどのようなはげ山だったのか https://t.co/nKjUbkpai7
六甲禿山の歴史これね https://t.co/DRkLAh3uJM

収集済み URL リスト