著者
張 成年 山本 敏博 渡辺 一俊 藤浪 祐一郎 兼松 正衛 長谷川 夏樹 岡村 寛 水田 浩治 宮脇 大 秦 安史 櫻井 泉 生嶋 登 北田 修一 谷本 尚史 羽生 和弘 小林 豊 鳥羽 光晴
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.79, no.2, pp.190-197, 2013 (Released:2013-03-22)
参考文献数
17
被引用文献数
3 2

アサリ殻模様の非対称性は優性遺伝形質である。非対称型(A)頻度は北海道と関東周辺で高く(14.5~28.1%),東北,浜名湖以西,中国で低かった(0~9.9%)。千葉県盤州では A 型頻度が低いと考えられる地域のアサリが 2007 年まで放流されてきた。盤洲の 2005 年度標本では殻長 20 mm 未満で A 型が 22%,25 mm 以上で 0% であり大型グループで放流個体が多いことが示されたが,2011 年以降の標本ではサイズによらず A 型が 17.2~20.3% 見られ,放流個体による遺伝的攪乱が限定的であることが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

アサリの貝殻模様って面白いですよね。桂林の水墨画みたいに、どこかの世界の実際の景色かも、と考えていたら、どうも、あれは遺伝的要素が大きいようです。 親アサリの模様が子アサリでどんな風に変わるか誰かしらべてほしいな。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/suisan/79/2/79_12-00072/_pdf

Facebook における性別

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

アサリの模様のツイートが拡散してますが、アサリの模様の多様性については昔から学術的に様々な研究があるので、こういうのとか読んでみると面白いんじゃないかと思いますよ> アサリの非対称殻模様出現頻度における地域差 日本水産学会 2012 https://t.co/VkNSj4a7O9

収集済み URL リスト